ホーム > 製作事例詳細

製作事例詳細

注ぎ台(引き出し付)
注ぎ台(引き出し付)
主な対象者の状態 リウマチ、頚椎損傷、脳性マヒ(アテトーゼタイプ)、失調症などのため、お湯の入った急須を持ち上げて注ぐのが困難な人。
用途・場面 食事
種類 食事補助用具
機能・特徴 急須などを台の上の溝で支えられるため、注ぐときに落としたり、お湯がこぼれるのを防ぐ。(注ぐ動作によって湯が注ぎ口の方へ移動するので、安定して注ぐことができる)
使い方 注ぎ台のAの部分に急須の底を当て、Bの線を支点にして注ぐ。(台の下は引き出しとして利用する)
提供元 NPO法人 自助具の部屋

福祉用具ニーズ情報収集・提供システム
~みんなで考えよう自立支援機器開発~


▲ページの先頭に戻る